虹の彼方に 大空の果てに!

人は幸せを求めて さ迷い歩いているけれども、幸せを実感する人は少ない。なぜなのか!? 何がそうさせているのか!?

陸上・鶴田玲美選手が塩田知事を表敬 鹿児島☆ 気温☆ 

f:id:usagi-iro5525:20201018075826j:plain

陸上・鶴田玲美選手が塩田知事を表敬 鹿児島

(鹿児島テレビ)
2020年10月13日 火曜 午後7:25


f:id:usagi-iro5525:20201018075848j:plain

 10月行われた陸上の日本選手権女子200メートルで日本歴代3位のタイムで初優勝を飾った鶴田選手は、13日、塩田知事を表敬訪問しました。

 鶴田選手は鹿児島市出身の23歳で、鹿児島女子高校から大東文化大学に進み、現在は南九州ファミリーマートに所属して故郷・鹿児島で練習に励んでいます。

徐々に緊張が解けてきた様子の鶴田選手は、知事と笑顔でやりとりを交わしました。

 その後のインタビューで鶴田選手は、「今年開催予定だったかごしま国体を目標に鹿児島に帰ってきて陸上を続けることを選択した。
まだまだ自分は力が足りないと思うので、2023年のかごしま国体は自信を持って走れたらいいなと思う」と今後の意気込みを語りました。




23歳の伸び盛りの鶴田玲美選手。 驚いたのは年齢です。
高校・学生時代からも知られた存在でしたが、No.1の福島千里選手には遠く及ばない記録でした。
日本陸連も含めて、誰も期待できない選手だったのです。

それが、今年の鶴田選手の活躍には誰もが驚きです。
日本選手権の200mの速報タイムが、22秒98だったこともあり、競技場は大歓声がわいた。


[女子200m日本歴代10傑]22.88 1.8 福島千里  16年
23.15 1.5 高橋萌木子 09年
23.17 -0.1 鶴田玲美 20年
23.33 0.4 信岡沙希重 04年
23.35 0.4 渡辺真弓  13年
23.39 -0.2 市川華菜 17年
23.44 -0.1 兒玉芽生 20年
23.45 0.9 齋藤愛美  16年
23.46 0.2 新井初佳  99年
23.48 0.6 中村宝子  06年
月陸編集部




[200m鶴田玲美が23秒17!日本歴代3位の快走/日本選手権]

ニュース国内
2020年10月3日
f:id:usagi-iro5525:20201018075928j:plain

◇第104回日本選手権(10月1日3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日
女子200mで、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が衝撃の快走を見せた。
スタートから鋭い加速を見せると、コーナーで他を圧倒。

速報タイムは「22秒98」と出る。正式リザルトは23秒17(0.1)。日本歴代3位の快走だった。

「最後の1本だったので悔いの残らない走りをしよう」。そう臨んだ決勝。100mでは優勝した兒玉芽生(福岡大)を「意識し過ぎてしまった」ため、「まずは自分のレースをしよう」と切り替えた。

 23秒17。上には福島千里(現・セイコー)、橋萌木子(現・ワールドウィング)しかいない。「自己ベストは出るかと思っていましたが、23秒1台は正直驚いています」。

 鹿児島出身の鶴田は大東大を卒業して社会人1年目。インターハイ、インカレのタイトルもなし。働きながら新開浩一先生(鹿児島南高校)の元で高校生たちと汗を流している。

 今季、一気に飛躍を遂げ、日本選手権も今回が初出場。100m、200mともに優勝候補に挙りつつ、「目標は決勝進出」を謙虚だった。
 兒玉とともに女子短距離新時代を担うスプリンターだが「まだ今年(成績が)良くなったばかりなので、あまりそのことは意識していません」と鶴田。「1年では意味がないので、来年も活躍できるように。まずは自分ができることをしていきます」。女子短距離の新星は、これからも変わらず、1段を階段を上っていく。

○女子200m成績(-0.1)
鶴田 玲美(南九州ファミリーマート)23.17
兒玉 芽生(福岡大)23.44
大石沙也加(セレスポ)23.78
齋藤 愛美(大阪成蹊大)23.86
吉田 紗弓(AC一宮)24.20
青山 聖佳(大阪成蹊AC)24.28
宮園 彩恵(国士大)24.29
島 咲季(青学大)24.35


おめでとう!




[お天気概況]
f:id:usagi-iro5525:20201018080303p:plain
 18日は、沖縄はくもりで所により雨、北海道も夜から雨のところもあるでしょう。関東地方は曇りで、その他の地方は日中は晴れる所が多くなる見込みです。 最高気温は、北海道で平年より高い他は、平年並みか平年より低い予想です。(気象予報士・饒村曜)
f:id:usagi-iro5525:20201018080325j:plain


[今朝の全国最低気温ランキング]

今朝(2020年10月18日7時現在 )
冬日となった地点数:35 地点

順位 観測地点 気温(℃) 起時
1 北海道十勝地方 陸別 -3.0℃ 06:14
2 北海道釧路地方 標茶 -2.4℃ 04:08
3 岩手県 薮川 -2.1℃ 05:47
4 北海道釧路地方 中徹別 -1.9℃ 06:06
5 北海道オホーツク地方 生田原 -1.6℃ 05:14
6 岩手県 区界 -1.4℃ 05:48
7 北海道十勝地方 糠内 -1.3℃ 05:37
8 北海道後志地方 喜茂別 -1.2℃ 06:13
8 北海道十勝地方 帯広泉 -1.2℃ 04:19
10 北海道上川地方 幾寅 -1.1℃ 04:53
10 北海道十勝地方 駒場 -1.1℃ 06:25
12 北海道上川地方 麓郷 -1.0℃ 05:11
12 北海道日高地方 日高 -1.0℃ 06:09




[昨日の全国最高気温ランキング]

真夏日(最高気温30℃以上)となった地点数:0 地点

順位 観測地点 気温(℃) 起時
1 東京都 父島 29.7 13:28
2 沖縄県 旧東 29.5 13:34
2 沖縄県 北大東 29.5 13:41
4 沖縄県 南大東(南大東島) 29.3 12:55
5 沖縄県 北原 29.2 13:37
6 鹿児島県 天城 29.1 13:37
7 沖縄県 久米島 29.0 11:31
7 鹿児島県 与論島 29.0 12:23
9 鹿児島県 古仁屋 28.9 14:33
9 鹿児島県 笠利 28.9 13:07
11 沖縄県 波照間 28.8 10:10
11 沖縄県 安次嶺 28.8 14:15
11 沖縄県 名護 28.8 14:15



今日も1日、ご安全に!☆